レモンバーベナ

学名:Aloysia triphylla

英名:Lemon Verbena

別名・和名:レモンバービーナ、ベルベーヌ、ボウシュウボク、コウスイボク

原産地:南アメリカ

分類:クマツヅラ科 / 木本

レモンバーベナは、レモンの香りが強く、葉に触れただけでレモンの香りがいっぱいに広がります、レモンバーベナのハーブとしての利用部位は葉です。

レモンバーベナのハーブティーは、「食欲増進」「消化促進」の効果があると言われ、フランスでは食後のハーブティーとして好まれています。フレッシュな葉で淹れたハーブティーは、色もきれいで香り豊かです。

レモンバーベナの葉は、乾燥させてドライハーブになってもレモンに似た香りの強さはさほど変わりありません。

効能

レモンバーベナには鎮静効果があり、その心地よいレモンの香りで神経の緊張や不安、悲しみを和らげて、気持ちを穏やかに明るくさせてくれます。不眠症にも有効です。

また、このハーブには胃腸の調子を整え、消化を促進する効能があります。夕食から就寝までの間にレモンバーベナのティーを飲むととても効果的です。

そのほか、レモンバーベナは気管支の炎症を抑える働きも持っているため、風邪のひき始めにもよいでしょう。

ストレスからくる頭痛や腹痛、生理不順などにも効果があるといわれています。